ジャーナリスト宣言ひとつ

 

オウム坂本ビデオ問題のとき、月亭八方が、筑紫はん恥ずかしいんやったらやめはったらええのに、田丸はん恥ずかしいんやったらやめはったらええのに、ワシら河原乞食やけんなにしても恥ずかしいないゆうておちょくっていた。

 

メディアは媒体ではない、主体である。メディアはオーナーのものである。メディアはスポンサーのものである。スポンサーつきのメディアに自由なんかあるわけねーだろ。

 

資本主義社会に労働者の自由はない。新聞記者やテレビのリポーターだけに自由がみとめられるわけねーだろ。

 

大切なのは自由と民主。人間は自由で民主的な社会をつくるための素材である。自給自足の経済がなかったら自由も民主もあるわけねーだろ。ヒトものの移動を極力抑制し、伝えていいのは知識だけである。

 

ワシはかならずしも自分でしゃべらないと気がすまん人間ではない。しかし、それでもやはりワシの意見が代弁されないと面白くない。そういうわけでこうしてみずからホームページをつくることになった。乞うご期待。

 

別府有光

連絡先

電話:0898-47-0630

 

All Rights Reserved 2016年3月1日